『キレイ空間プロジェクト』とは

『キレイ空間プロジェクト』は、「強力・安全な衛生管理対策実現に向けて」をテーマとして、新しい除菌消臭領域の製品・システムを開発普及するプロジェクトです。ジアットⅩ『キレイ空間』、おう吐クリーン、その他の製品を扱っています。

JU032_72A

 

JU084_72A

 

JU182_72A

 

 

1.ジアットⅩ『キレイ空間』(超安定化次亜水)

ジアットXパッケージロゴ

独自の技術によって、夾雑物を無くし次亜塩素酸の純度を高め、濃度安定性・長期保存性を確保しました(業界初)濃度安定性・長期保存性については他製品を圧倒しています(1年保証)

現場レベルでも高い評価を得て、病院、介護施設、保育園、ドーム球場、ホテル、飲食店、工場等で続々と採用されています。
今、大注目の製品です。

詳しくはこちら >>

2.ステリパワーシステム 

「生成器を中心とした“その場で造って、その場で使う”運用システム」を開発販売し、これまで数多くの施設(公共機関、大学病院、一般病院、介護施設、ホテル、飲食店、工場、他)で採用されています。
現在最も評価が高く実績のあるシステムです。

詳しくはこちら >>

3.おう吐クリーン(嘔吐物・汚物処理剤)

おう吐クリーン_ステッカー

おう吐物を凝固剤で固めると同時に、弱酸性次亜塩素酸で除菌消臭を行うので、処理が簡単で安心です。

当製品(他PB含)は、ホテル、保育園、教育委員会、介護施設、カラオケ店などで採用されており、好評を得ています。

詳しくはこちら >>

JU173_72A

次亜塩素酸水はこれまでの基礎殺菌試験で、ノロウィルス代替ネコカリシウィルス、インフルエンザウィルス、ヘルペスウィルス、アデノウィルス、コクサッキーウィルス、パルボウィルスなどを数秒から数分で不活化。黄色ブドウ球菌、緑膿菌、サルモネラ菌、ビブリオ菌、カンジダ菌、結核菌をはじめとして、消毒用アルコールや加熱が無効なデフィシレ菌芽胞、セレウス菌芽胞なども同じく短時間で殺滅。

現在医療分野で問題となっているメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、多剤耐性緑膿菌(MDRP)、バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)にも有効であることが報告されています。

※環境福祉学会第4回年次大会(2008.11.09)論文より